SNS・WEBキャンペーンに関するTIPSや事例をご紹介します!

Instagram, Smart Hash, サービス

【2021年11月更新】Instagramキャンペーン禁止その理由や実施における注意点を具体例と共に解説!

Instagramキャンペーン禁止その理由や実施における注意点を具体例と共に解説!

Instagramキャンペーン禁止その理由や実施における注意点を具体例と共に解説!

「Instagramキャンペーン 禁止」

このような噂を耳にされたことはないでしょうか?

広告代理店様やキャンペーンを実施される事業会社様は「キャンペーン禁止」となると気になるトピックですよね。結論から言うと「Instagramキャンペーンは禁止されていません。」禁止ではありませんが、Instagramキャンペーン実施において注意すべき点がいくつかあります。Instagramのプロモーションガイドライン・ポリシーを解説いたします。

※この記事は、あくまでWWSが独自に調査し解釈している内容です。Meta社からの承諾を得たものではございません。ハッシュタグキャンペーンなどのInstagramキャンペーンを実施する際には、Instagramの各ポリシーやガイドラインをご確認の上、自己責任での実施をお願いいたします。

目次

結論:Instagramキャンペーンは禁止されていない。

結論からいうと、ハッシュタグキャンペーンなどのInstagramキャンペーンは禁止されておらずキャンペーンを行っても問題ありません。なぜなら、Instagramには「プロモーションガイドライン」というプロモーション(コンテスト、懸賞)を実施するためのガイドライン資料が公開されてるからです。

つまり、ハッシュタグキャンペーンなどのInstagramキャンペーンは禁止ではなく、いくつかのルールを守れば実施してもよいということです。詳細については、下記リンクをご確認ください。

プロモーション(コンテスト、懸賞等)の案内や運営のためにInstagramを利用する場合、ページ作成者は、次の事項を含めて、当該プロモーションを合法的に運営する責任を負います。

プロモーションガイドラインhttps://www.facebook.com/help/instagram/179379842258600

Instagramキャンペーン禁止が噂された理由

では、「Instagramキャンペーン禁止」と噂になった何なのでしょうか理由は何なのでしょうか?いつからなのでしょうか?

きっかけは、下記のInstagramコミュニティガイドラインが公開されたことでした。

「いいね!」やフォロー、コメント、その他の関わりの見返りとして現金や現金に相当する景品の提供を申し出ることは、禁じられています。

コミュニティガイドライン (2020年6月ごろ)https://www.facebook.com/help/instagram/477434105621119/

この時点で「有意義で誠実なやり取りを大切にしてください」という条項の中に「現金や現金に相当する景品の提供を申し出ることは、禁じられています。」との記載があります。これによって、「Instagramキャンペーンは禁止なのではないか!?」という噂が広まりました。

その後、「Instagramを使ったキャンペーン禁止」の噂が広まってしまった影響なのか、2020年11月ごろに若干表現が変更されました。

「いいね!」やフォロー、コメントを含むやり取りの見返りに、現金や現金同等物の提供を申し出たりしないでください。

コミュニティガイドライン(2020年11月ごろ)https://www.facebook.com/help/instagram/4

下記の通り、少し表現は柔らかくなったものの、キャンペーンの実施にはいくつかの注意点が必要そうです。

  • 旧:現金に相当する→新:現金同等物
  • 旧:禁じられています→新:申し出たりしないでください 

新しいポリシーの具体的注意点は2つと考えます。

1.「やりとり」に対しての申し出を避ける。

やり取り=「いいね!」「フォロー」、「コメント」を含むと記載があります。つまり、「いいね!」や「フォロー」「コメント」などのアクション自体の見返りに何か対価を提供してはいけないという意味だと考えます。

2.賞品を現金や現金同等物にしない。

まず、現金を賞品にしないというのは理解できますね。ここで疑問なのは、「現金同等物」に何が含まれるのか。という点です。調べたところ下記の情報が掲載されておりました。

現金同等物とは?

2 現金同等物とは、容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期投資をいう。(注2)

連結キャッシュ・フロー計算書等の作成基準https://www.fsa.go.jp/p_mof/singikai/kaikei/tosin/1a909b2.htm

しかし、残念ながら、プロモーション運用において「現金同等物」についての明確な定義はありません。ですが、すぐに換金できるクーポンや割引券等については禁止事項に抵触する危険性が高い可能性があります。

以上から、ポリシーの禁止事項に抵触する可能性のあるNGキャンペーン例をまとめました。

【NGなキャンペーン例】

NGなキャンペーン例のポイントは下記です。

  1. アクション自体への対価の申し出をしている
  2. 賞品が現金や現金に簡単に換金できるもの

具体的なNG例は下記と考えます。

例1

フォロー&いいねキャンペーン!この投稿に「いいね」してくれた方全員に1万円を配布

例2

指定のハッシュタグ付けて写真を投稿してくれた方から抽選で1万円クーポンをプレゼント!

例3

フォロー&リポストキャンペーン!この投稿をリポストで豪華賞品プレゼント

上記の3つの例は、現金や現金同等物を賞品としているため、ポリシー違反になる可能性が高いです。また、プレゼントが現金や現金同等物ではなくても、「いいねしてくれた方に」や「フォローやリポストしてくれたら」など「アクション」自体に賞品を申し出でているものにも注意が必要です。

ポリシーに抵触しないInstagramキャンペーン企画のポイントと具体例

では、どの様なInstagramキャンペーンが具体的に実施可能なのでしょうか。 リシーに抵触しないキャンペーンを企画するには下記の3点にご注意ください。

注意すべきポイント

  1. 賞品に「現金や現金同等物(クーポンや金券)を含めない。
  2. 賞品の提供がアクション(「いいね」やフォロー、コメントなど)の見返にならないようにする。
  3. フォローについては、当選連絡の為であることを明記する。

企画例は下記の通り。

〇企画1

\欲しい新作バックの投稿にコメント/

新作バッグのどちらかに欲しい理由をコメント!

スタッフがコメントを読んで、熱意のある方5名様にお好きなネーム刺繍を入れたあなただけのオリジナルバッグをプレゼント

※当選はDMでご連絡いたします。フォローしたままでお願いします。フォローを外された場合には連絡が取れず当選が取り消される場合がございます。

〇企画2

あなたの投稿が広告ポスターになる/

指定のブランドハッシュタグを付けて写真を投稿!

スタッフが気に入った写真を10枚選択し、広告ポスターに採用させていただきます。

※当選はDMでご連絡いたします。フォローしたままでお願いします。フォローを外された場合には連絡が取れず当選が取り消される場合がございます。

広告など二次利用の際にはキャンペーン参加規約に利用目的を明示し、ユーザーからの許諾を取得するようにしてください。

〇企画3

\ 投稿した写真がオリジナル缶orカレンダーになる/

好きな景色を撮影した写真をハッシュタグと公式Instagramアカウントをメンションして投稿してください。

皆様の投稿をキャンペーン専用サイトに表示いたします。

さらに、審査の上3作品を撮影した写真を印刷したオリジナル缶に、9作品をカレンダーにしてプレゼントいたします。

※当選はDMでご連絡いたします。フォローしたままでお願いします。フォローを外された場合には連絡が取れず当選が取り消される場合がございます。

ポイント

1.賞品に「現金や現金同等物(クーポンや金券)を含めない。
プレゼントが「現金ではなく、現金化しにくい物」になっています。

2.賞品の提供がアクション(「いいね」やフォロー、コメントなど)の見返にならないようにする。
「いいね」や「コメント」「投稿」のアクションに対しての見返りではなく、「コメント」や「投稿」中身を評価する点もポイントです。

3.フォローについては、当選連絡の為であることを明記する。
フォローについては、当選連絡の目的のためにお願いをするのが良いと考えます。

その他Instagramキャンペーン実施の前に目を通しておきたい資料

ハッシュタグキャンペーンなどInstagramのキャンペーンを実施する前にプロモーションガイドラインのほかにも遵守しなければならないポリシーがいくつかございます。キャンペーンの前に目を通してポリシーに沿った運用をしましょう。

  • プロモーションガイドライン

キャンペーン、懸賞などのプロモーションを行う場合の注意点が書かれています。https://www.facebook.com/help/instagram/179379842258600

  • コミュニティガイドライン

Instagramの利用におけるルールが書かれています。https://www.facebook.com/help/instagram/477434105621119/?helpref=hc_fnav

  • ブランドコンテンツポリシー

サンプリンク企画やインフルエンサー(KOL)企画をお考えの際にはこちらのブランドコンテンツポリシーもご一読ください。https://www.facebook.com/business/help/221149188908254

Instagramキャンペーンをお考えの企業様へ

ハッシュタグキャンペーンなどシステム使って効率化されたい場合には、各SNSの各規約および開発者ポリシーを遵守した開発を行っている会社にご依頼ください。ポリシーに違反しているシステムをご利用の場合には、Instagramのアカウント停止される場合もあるようです。ご注意ください。

  • 開発者ポリシー

アプリケーションの開発に係るポリシーが記載されています。https://developers.facebook.com/devpolicy

  • Instagramプラットフォームポリシー

アプリケーション開発者および個人がFacebook 等からデータを取得する際の利用規約が記載されています。https://developers.facebook.com/term

またInstagramの自動いいねやフォロワー状況の取得ができるアプリケーションについては、下記の通り禁止とされています。

Instagramはそれによって生成された「いいね!」やその他のエンゲージメントを削除する場合があります。フォロワーを増やすためにInstagram以外のアプリを引き続き使用するアカウントについては、そのInstagramアカウントの一部の機能が制限される場合があります。

Instagramで「いいね!」やフォロワーを提供するアプリを使用する必要はありますか。 helpref=search&query=%E3%81%84%E3%81%84%E3%81%
AD&search_session_id=3bf80834249fbac5a5151400edc09eb7&sr=11

InstagramキャンペーンをするならSmartHash

SmartHash(スマートハッシュ)はInstagramハッシュタグキャンペーン・コメントキャンペーンに必要なInstagram Graph APIの利用に必要なすべての認証やアプリレビュー審査を通過したサービスです。

そのため各SNSに許可された範囲内でのサービスの提供を行っております。また、Twitterの投稿収集については、株式会社NTTデータ「Twitterデータ提供サービス(インテグレーション) 認定サービスプログラム」を申請し、商用利用を認められた数少ないキャンペーンシステムです。

オンラインMTも随時行っております。お気軽にお問合せください!